たぶはるのブログ

みなさんの旅の参考となるようなものを目指してます。

車種が豊富!小田急ロマンスカー

皆さんこんにちは たぶはる です。

自分のブログをよく見てみたら、ほとんどがJR関連で小田急の話題が少なかったので今回は小田急ロマンスカーについて書きたいと思います。

 

ロマンスカーとは

そもそもロマンスカーとは小田急電鉄が運行している特急列車のことです。歴史は古く小田急によると1950年ごろからロマンスカーと呼ばれるようになったそうです。

 

車種が豊富!

小田急ロマンスカーは車種が多いのが魅力だと思います。現在ではGSEVSEMSEEXEEXEαの5つの車両が運行されています。では、1つ1つ紹介していきます。

 

GSE


f:id:tabuharu7:20191216204318j:image

f:id:tabuharu7:20191216204327j:image

最初にGSEです。この車両は1番新しい車両です。車体の色はローズバーミリオンで帯はロマンスカーの伝統色であるローズバーミリオンがあしらわれています。

f:id:tabuharu7:20191216205734j:image

座席のデザインはとても斬新です。コンセントが付いています。

f:id:tabuharu7:20191216215742j:image

テーブルは肘掛けから出てくるタイプです。

f:id:tabuharu7:20191216205837j:image

またこの車両には展望席が付いています。窓が大きいので眺めがとても良いです。

f:id:tabuharu7:20191216215935j:image

GSEには車内コンテンツの1つとしてロマンスカーリンクというものがあります。これを使うと展望席の動画をスマホで見れたり乗車記念カードをダウンロードできます。

f:id:tabuharu7:20191216220153j:image

こんな感じに日付けと列車番号は自分が乗ったものに変わります。

f:id:tabuharu7:20191216215805j:image

またGSEは2019年のブルーリボン賞を受賞しました。

 

VSE

f:id:tabuharu7:20191216231734j:image

お次はVSEです。2005年に登場した車両です。GSEが登場するまでの10年以上ロマンスカーの看板車両でした。GSEが登場した今でも不動の人気を誇っています。自分もこのVSEがお気に入りの車両です。車体の色はシルキーホワイトです。帯はバーミリオンオレンジが使われています。

f:id:tabuharu7:20191216214431j:image

VSEにも展望席がついています。一般席の場合は窓側がいいですが、展望席の場合だと柱に被らない通路側が良いかもしれません。

f:id:tabuharu7:20191216214652j:image

座席はこんな感じです。この写真は展望席の写真ですが一般席では座席の角度が5度外側に向いています。また座席は最新のオフィスチェアの技術を取り入れているようです。テーブルは背面テーブルとなっています。このタイプはロマンスカーだとVSEだけです。これ以外は椅子の肘掛けから出てくるタイプとなっています。

f:id:tabuharu7:20191216220344p:image

小田急のホームページから拝借しました。VSEは車内の内装がとても良いので今度乗車する予定ですのでその時に詳しく紹介していきたいと思います。この車両もブルーリボン賞を受賞しています。

 

MSE

f:id:tabuharu7:20191216222726j:image

こちらはMSEです。こちらは2008年に登場した車両です。はこね号さがみ号をはじめ、ホームウェイやモーニングウェイ号、御殿場線に乗り入れるふじさん号や東京メトロ千代田線に乗り入れるメトロはこね•メトロえのしま号にも入り幅広く活躍している車両です。車体の色はフェルメール•ブルーで帯はバーミリオンオレンジという登場した当時はとてもインパクトのある配色でした。

f:id:tabuharu7:20191216224211j:image

テーブルは肘掛けから出てくるタイプで木目調になっています。

f:id:tabuharu7:20191216224312p:image

またまた小田急のホームページから拝借しました。MSEの車内もVSEに似ている部分があります。木目調のデザインで暖色系の照明で落ち着いた雰囲気が好きです。座席はロマンスカーの中では薄くて硬いと評判が悪いようです。展望席は付いていません。またブルーリボン賞を受賞しています。

 

EXE

f:id:tabuharu7:20191216231630j:image

こちらはEXEです。現役のロマンスカーの中で1番古い車両となっています。現在のロマンスカーでは数少ない前面に愛称表示器が付いています。MSEにも付いていますがちょっと見にくいです。自分が小さいころ無計画で家族とロマンスカーに乗ると必ず来るのがこの車両でした。それくらい本数が多いです。座席定員数が多いのも特徴です。

f:id:tabuharu7:20191216230719j:image

座席はこんな感じです。今まで紹介してきたロマンスカーの座席よりもずっしりした感じに見えると思います。EXEの座席はふかふかです。テーブルは肘掛けから出てきます。車内はどちらかと言うと暗めな感じです。どこか昭和の雰囲気があります。ちなみにこのEXEはロマンスカーで唯一ブルーリボン賞受賞していない車両です。

 

EXEα

f:id:tabuharu7:20191216231509j:image

最後にEXEαです。この車両は先ほど紹介したEXEをリニューアルした車両です。車体の色は茶色からシルバーやグレーの配色で帯の色もロマンスカーの伝統色であるバーミリオンオレンジが使われています。見た目はカッコよくなっています。

f:id:tabuharu7:20191216232148j:image

座席の色も変わっています。

f:id:tabuharu7:20191216232245j:image

コンセントも付いたので充電できるようになりました。

f:id:tabuharu7:20191216232240j:image

車内も明るい感じになりました。

 

 

最後に

以上となります。ご覧いただいた通りロマンスカーには様々な車両が用意されています。「今日はVSEの展望席に乗ったから次は一般席にしてみようか」とか「展望席付きの車両はいっぱい乗ったから久しぶりにMSEとかEXEに乗ろうかな?」とか色々な選択肢があるので、またロマンスカーに乗りたい!と思えるのがロマンスカーの魅力だと思います。

 

さて次はどの車両に乗ろうかな?

 

 

ご覧いただきありがとうございました。